2018年06月03日

山陰ツーリング+α

こんにちは。
桐野時は先日4泊5日で山陰ツーリングに行って来ました。
2年に1回ぐらい、バイクで何日か泊まって行ってますよね。
(2012年 天橋立・瀬戸大橋ツーリング
2013年 東北ツーリング
2014年 山陽ツーリング
2016年 北九州ツーリング)

今年はいつも以上に年休を取って山陰地方です。
このぐらい日にちがないと足りないです。結構移動に時間がかかるのです。
なんたって東西を結ぶ高速道路がない。や、広島県とか山陽はあるんですが、山陰には山陰道しかない。
しかも片側一車線で全部開通していない。
まぁ、それほどに人口も少ないとは思うんですが。


 ※※※

1日目

初日は朝関東を出て、お昼には姫路に着きます。
この間出来た新名神を通って行きます。

DSC00994 -C.JPG

姫路城 観光

えっ、山陰じゃないだろって?キニシナイ。
夕方まで時間があるので、観光してるだけです。

姫路城は2回目です。1回目は2012年の瀬戸大橋ツーリングの時。しかも250ccですね。
その時は姫路城がまだ改装している時です。

120520_08.JPG

↑ こちらが以前の記録 これはこれで貴重かも?

DSC00997.JPG

↑ なので、天守閣からの撮影も初。

見学には60分だとちょっときつい。南の入り口から意外と距離があるのです。
今回の観光で1番人がいたかも。

DSC01000 -C.JPG

明石海峡大橋

これも2012年の瀬戸大橋ツーリングの時、鳴門から来て通っています。
または2016年の北九州ツーリングの時も、橋の下をフェリーで通っています。
ただし、橋自体を観光するのは初です。

近くに「橋の科学館」があって、お勉強が出来ます。
明石海峡大橋だけでなく、瀬戸大橋なども少し出て来ます。
スケールがすごいです。

DSC01006.JPG

↑ こちらは橋の下までエレベーターで昇れます。
  この先は保守員だけ進めると思います。

DSC01005.JPG

↑ 地上42mとかだったかなぁ?
  とりあえず高いし風は吹き抜けるし揺れるし大型車が通れば「ガタン」とうるさいし
  苦手な方は行かないでね?
  でも景色は良いと思うよ。

この日の観光はこれで終了。
ハーバーハイウェイと言う、バイクは無料の不思議な有料道路を通って神戸港へ。
フェリーで寝ながら新門司へ行きます。
結局また明石海峡大橋の下を通るんですけどね。

フェリーでは鉄板焼きハンバーグを食べてました。
最近のフェリーはすごいですね。
や、2014年のフェリーが酷かっただけか・・・。(パンとかカップ麺とかしかなくて食料に詰んだよなぁ。)

 ※※

 2日目

フェリー降りると左右どっちに行けば分からない。
前回も間違えて右に行った気がする・・・。
福岡県再び!

DSC01014.JPG

↑ 火の山公園から関門海峡

2014年では時間が早すぎて開いてなかった火の山公園です。今回リベンジの1つ。
この通り抜群の眺め。
なお、今回も関門トンネルで山口県へ。

DSC01010.JPG

↑ 反対側。駐車場は無料。

さて、2014年は山陽などで秋吉台に行きましたが
今回は山陰、北へ行きます。

国道191号なんてツマラナイ道路は通りません。
うーん、2012年の頃は国道ばかりでしたね。
今回は桐野時のスペシャルコース、大好きな広域農道とかを通りながらぶっ飛ばして行きます。

快適なのはいいのですが、道を覚えるのが難しいのです。まぁそれはいつも通り。
でもそこは道が好きな私、覚えて行きます。
そ・れ・は♪覚えて行きます。右に左に曲がって行きます。
なので、今回の旅行はその観光地について勉強するのは当然、駐輪場や道についても勉強するのです。
私は大好きです、こういうの。

雑誌によれば80分かかる所を65分で到着。
工程表は雑誌を参考にしています。

DSC01017.JPG

角島大橋

TVのCMとかで有名な観光地・・・撮影場所ですね。
ここまで来るのが大変だよね。
是非晴れてる時に来たいです。今回まずまず晴れてて良かったです。
潮風が気持ちいい・・・のは良いのですが、風がない方が撮影には良いそうですよ?

DSC01021.JPG

ちなみに、ちょっと小高い丘があって、よく見る写真はここからです。

この後は「みのりロード」というほぼ直線の広域農道を走って東へ。
この辺の広域農道は直線が多いですね。

DSC01031.JPG

元乃隅稲成神社

鳥居がたくさん並んでる神社・・・似たような観光地が京都にある?

DSC01030.JPG

これが入り口。正式には下にある、こっちから入るのが正解だそうです。
まぁ別にどっちでもいいと思いますが。

DSC01032.JPG

有名なのはこちらの、さい銭箱が上にある方ですかね。
日本一入れにくい? そうです。
この日は風が割と強かったので、さらに入れるのは難しい。

DSC01029.JPG

また、最初の神社の全体絵で奥の方に行くとこの「竜宮の潮吹」が見れます。
海水が吹きあがるのです。これは風が強い日じゃないと見れない。

以上、大した観光地じゃないだろうと思ってたら駐車場が渋滞してて驚いた私です。
実は西側の北浦広域農道などを通りながら来たらほぼ車がいなかったのです。
なので、おすすめはこっち。
東に帰って行く時は逆に車がたくさん。
さっさと「みのりロード」に逃げますが、それも少しで後は国道しかないのでガマン。

DSC01037.JPG



昔の街並みの城下町。
・・・思ったより人がいない。この直線で誰もいないって何?
実は元乃隅稲成神社は人が少なく、萩は人が多いと思ってたのです。あれれ?

DSC01036.JPG

跡です。多分左側の台がそうかと。中は現在公園だそうです。(中には入ってません。)

DSC01042.JPG

鍵のような道。
迷路のようにして敵を入りにくくするのはお城の中と同じですよね。

萩を出た後は県道67号や310号などで東へ。
これが快適2車線で飛ばせます。あとは私の実力次第。
間違っても使えない県道10・11号は使わないように。

DSC01050.JPG

津和野

夜の津和野です。
時間がかかりすぎて夜になった、とかではありません。今日の泊まりが津和野です。
着いたのは17時頃。私で、ですので参考までに。

DSC01057.JPG

暗くて分からないかもですが、鯉がいます。殿町通りです。
夜は誰もいません。その代わりどこもあいてません、そりゃそうですね。
夜は夜で風情あっていいと思います。

写真の設定が難しかった。普通に撮ると明るくなるので「暗め」で撮らなきゃ行けません。
この間も雪景色の白川郷で撮るのに苦慮。あれは確か暗くなるので「明るめ」で撮った。今回は逆。
バイクと一緒でいつもオートにしちゃう面倒くさがりやデス☆

DSC01058.JPG

教会も夜になるとまた少し違いますね。

※※

3日目

午前中はひたすら走ります。ってか、島根県って実は初めてです。
昔は島根県と鳥取県がどっちか分からなかった。
クイズでは正解率も良くなく、おみやげでネタになってるぐらい、ならば・・・多分私だけではない。

そんな島根県は・・・結構広いですね!
最初に述べた通り高速道路がないので移動に時間かかります。

「西石見グリーンライン」という広域農道を通って東へ。
かなり長い広域農道ですいててとてもいい広域農道です。気に入った!
後半は違う広域農道になりますが、それでも抜けるのに1時間ぐらいかかったような。
ちなみに、「いしみ」ではなく「いわみ」らしい。
もう少し東に行くと「石見銀山」があります。今回私は通過しちゃいますケド。

「大邑広域農道」という広域農道を通って北へ。
とても楽しい山道です。
三瓶山には行きません。追い越し禁止ばかりなので。

DSC01059.JPG

そんな訳で、3時間30分ぐらいで本日最初の観光地、出雲大社に到着です。
ここが二の鳥居ですね。

DSC01069.JPG

普通神社って入ると上って行くのですが、何故か下って行く。不思議。

DSC01061.JPG

真ん中は通っちゃダメよ。自分はゴッドだと思う方もダメですよ?

DSC01067.JPG

西側からお祈り。何故西側から?

DSC01068.JPG

立派なしめ縄、重さはどのくらいでしょう?

ご縁がありますよーに!
無事に帰れますよーに!

ちなみに、そのお祈りの仕方が少々独特ですね。

さて、神頼みも終了した後は「宍道湖北部広域農道」で松江へ。
この広域農道は追い越し禁止、使えません。まぁ国道よりかはいい。
あとは遅い車に追いつかない事を願うのみ。

DSC01081.JPG

松江城

本日もお城へ。えっ、昨日は行ってないだろ?

一昨日行った姫路城に比べると、やはり人は少ない。
まさかお城撮るのに人がいなくなる時があるとは思わなかった。

DSC01077.JPG

中は涼しい。
姫路城と比べると柱が多い。階段はまだ広くなる。

DSC01079.JPG

天守閣から。
これも南方面で奥には宍道湖。
天守閣の柵が少ないので、撮影しやすい。

DSC01072.JPG

ちなみに、バイク駐輪場はこちら。
堀の中。歩道を通ったりして、本当にここでいいのか、になる。
だけど無料の駐輪場だから許す。

DSC01086.JPG

お城の周りを船で巡る物があります。
周りは全て石・・・って事はなく、このような場所もあります。
ジャングル?

DSC01088.JPG

また、橋が低いので船の屋根を下げる所があります。
多分このハートマークがそうかも。
船頭さん曰く、雨がたくさん降って水かさが高い時は(屋根を下げても橋を通れないので)運航中止になるそうです。

DSC01090.JPG

この時は夕方でしたので、貸し切り状態でした。

 ※※※

4日目

4日目は酷道432号や安納広域農道・県道1号で東へ。
何故か酷道432号はループ橋があったりする。
ようやく島根県を出て鳥取県へ。長かったなぁ。

DSC01097.JPG

大山(大山桝水高原)

先に見えるのが大山。
私は西の溝口ICの方から来ましたが、この芝生が遠くからでも分かりました。
このように晴れてるととってもいい景色です。
よく晴れてくれた! 角島大橋の次に晴れて欲しかった場所です。
高原なので風も涼しくて気持ちいいものです。

DSC01093.JPG

北西方面なので、米子辺りでしょうか??

ここから北へ行きます。
ドライブルートは鍵掛峠とかを通る方だと思いますが、交通量多いので通りません。

DSC01098.JPG

↑ 一息坂峠(県道34号)

見えてるのは日本海。

DSC01102.JPG

倉吉

白壁が有名だけど、撮る物はこれぐらいだったなぁ。すぐに出発。

東へ。県道33号を通ろうと思ったらその先が通行止めらしく、今回はつまらない県道21号で鳥取へ。
ちなみに、誰も通らないような道を選びたがる私は通行止めに遭う事が多い。
よって、通行止めには要注意なのです。特に迂回しようがない場合はタイムロス大なので。

DSC01114.JPG
鳥取砂丘

鳥取砂丘、再び!!
これも1番最初は2012年の瀬戸大橋ツーリングの時です。
時ですが・・・!その時時間がなくて奥に行けませんでした。
という訳でリベンジその2(その1は火の山公園)なのですね。

写真の位置が入り口付近で(よりか少し西にずれてますが)、
坂を下り、上ると「馬の背」でそこがゴール。

ただし、「馬の背」に行くのが最後大変だと思います。

DSC01104.JPG

って訳で、最初は東の方にあるこんな道を行きましょう。
ツーリングの時と同じで、他の人と同じ道はあまり行かない私です。
もうみんな覚えましたよね?

DSC01106.JPG

すると、このぐらいの上り坂で済みます。
距離は長くなるけど、まだゆるやか。
砂に足を取られるのは変わらないので履物は考えましょう・・・特に女性の方で無謀な履物で来る方がちらほら。

DSC01107.JPG

クジラのように見える島。
この砂浜、私のRPGのバトル背景に使えそうだよね。

帰りはみなさんが一生懸命上ってる姿を堪能しながら下りましょう。

砂遊びした後は国道9号の周辺の県道を駆使して南東へ。
もう日本海は見ません。
この辺は広域農道もなく、細い道が多いので距離が稼がなくて大変でした。
兵庫県に入ります。鳥取県は割とすぐに通過。

DSC01115.JPG
竹田城跡

雲海で最近有名になった(?)竹田城です。あ、跡ですね、お城自体はナイです。
雲海は秋の日中と朝の寒暖差が大きいと見れる物です。って訳で5月は見れません。

DSC01117.JPG
城内一方通行。
ちなみに、夕方に入城した私は誰ともすれ違いませんでした。
それはそれで風情があると思うんです。

あとで宿で見たDVDで雲海の竹田城があったのですが、
それはそれは人がたくさんいました。雲海の時期はめっちゃ混むみたいです。

DSC01120.JPG
結構山に囲まれています。
DVDの冬バージョンでは雪も積もってました。

DSC01116.JPG

天守閣跡より。晴れるとこんな感じ。
実は翌日は雨の予報。(実際に雨が降った)
って訳で少々ムリに晴れてるこの日のうちに竹田城跡まで来ました。
本当は翌日上る予定でした。

ちなみに、この竹田城跡に来るまでは近くの駐車場から徒歩40分ぐらいかかります!
マイカー規制とか色々あって来るのは大変なのでよく調べて来てね。

DSC01140.JPG

これはオマケ。
翌日雨で、竹田城跡の反対側にある山(立雲峡)から。
雲海はこっちからの方がいいとか?

こっちも近くの駐車場から第一展望台(一番上)までは結構山を登る。
私はそこまで上る気力も体力も時間もないので第二展望台で終了。

なお、この最後の5日目の観光はここのみ。
ってか、ここからまっすぐ帰ったら我が家に18時30分に着いたわ。
観光のしようがないぞ!

※間違えた道

フェリーを降りた時左右間違える:減点1点
新門司の県道260号(曲がらなかった):減点1点
出雲大社の前、国道184号から県道39号の左折:減点0.5点(完全には曲がらなかったので0.5点)
鳥取県、県道21号から国道29号の左折:減点:2点(川を渡るまで気づかなかった!)

トータル:減点:4.5点

いやいや、初めて通った道ではよく頑張ったよ!


posted by 桐野時 at 15:04| 神奈川 ☀| Comment(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。