2018年09月24日

さくらとスタンプラリー その2

お久しぶりの桐野時です。元気にしてました。

本日は8月15日〜 山陽電車の「さくらとおでかけスタンプラリー」の記録です。

今回は東急の時のようにすぐには行きませんでした。
まぁ8月はめっちゃ暑かったってのもあるし、
9月になれば欲しいグッズがあると言うのもあるし、
年休がなかなか取れなかったって言うのもあるし、
まぁ何より9月になれば人が少なくなるでしょ?

景品なくなる、が怖かったけど公式さんが残数を報告してくれてたので助かった。
そのお陰でゆっくり行けた。
とか思ったらどうやら1日乗車券がなくなりそうみたいでちょっと危なかったかも。


さて、ご存知の方はご存知、私は関東に住んでいます。
関西に用事があるから行く、ではなくてさくらの為に行きます。
お前アホやろ(笑)みたいな?
知ってる、私そういう人です。

って訳で普段乗らない新幹線って言う物を使います。
早朝に乗ったのですが結構混んでるんですね!ビックリです。
ちなみに、ここでもコンビニのコーヒーになります。

1日乗車券は1200円。東急さんの方がやはり値段は良心的。
でも今回の1日乗車券はイラストがあるのが大きい。
(あとは厳密に言えばキロ程とかがあるから何とも言えない)
ちなみに、入場券なんて物はイラナイ。(私は鉄道ファンではない)
入場券買ったって期限内に山陽電鉄は乗らない。

回り方はほぼ一方通行みたいな感じだから、被るんじゃないですか?
私は平日に行ったお陰かほぼ被らなかった。良かった良かった。

@西宿駅

まず駅名が読めない。にしじゅくではナイ。
・・・えっ、そんな難しくないダロ?関東の飯山満の方がよほど難しいネ。

地下にある駅。
私はここが出発。ついでに限定グッズ購入。クリアファイル中心に購入。

私はここから西へ。下りでいいのかな?
午前中だったので、特急もすごいすいてました。進行方向に向かって座れる、しかも1人席が空いてる。
海側なので景色見ながら次へ。
始めて乗るから、よく駅名見て通過しないように。

A山陽垂水駅

これは高速道路で垂水ジャンクションがあるから読める。
この辺JRと並走する。普通電車は抜かすケド、快速には抜かされるみたい?

明石海峡大橋が見える舞子公園は通過。
って言うか、私は今年バイクでこの辺に来ました。ハイ。
まさかまたこの辺に来るとは思わなかったぜ。
DSC01000 -C.JPG

↑これね。
スタンプラリーのパンフレットとかにある明石海峡大橋はこちら。
向きも大体この辺ではないかと。大体ね。

特急は15分に1本。多分普通は途中で特急に抜かされる。
相変わらず下りはすいています。と思ったら来た電車は普通の対面電車だった・・・何、色々走ってるの?

B飾磨駅

山陽垂水から約35分。長い!
東急さんと比べると隅っこがあるから大変・・・まぁスタンプ数は少ないのですが。
車内の広告にさくらのスタンプラリーがあるので、たまに見てさくらかわいいなぁとか思いつつ
暇つぶししたりしてました。

スタンプ押下。相変わらず誰もいない。

C山陽姫路駅

終点です。お忘れ物なさいませんように。
DSC01251.JPG
ちゃんとラリー台帳もある。

姫路も今年バイクで来ました。って訳でお城には行きません。
(ツーリング記録でも書いたけど、結構時間かかるしね!)
代わりに百貨店へ行きました。

DSC01253.JPG
うん、やっぱりかわいい。
私は真ん中には入りません。

始発の特急に乗って最後の駅へ。
来た電車は最初に乗った進行方向の1人席。景色をゆっくり見つつゴールへ。
上りは途中で座席埋まった。やはりこの回り方で良いと思う。

D西代駅

最初の@板宿の東、1つ隣の駅で、やっぱり地下の駅。
何でここだけくっついているのか、特急止まらないのに。(ん、特急は止まった?)
受付にいたお姉さまが事務関係の方に見えたので、本社か何かあるのかもしれませんネ。

さて、スタンプラリーで他の方と被ったのはここだけ。唯一の方。

DSC01255.JPG
うん、やっぱりかわいい。まぁこの服が好きだからね。

 ※※※

DSC01258.JPG
↑ 戦利品

次のイベントは・・・「さくら展」がありますね。
うーん、これは見に行くしかないか。
何か似たような物が東京スカイツリーの近くで以前あったような。
って言うか何でこんなイベント発生するんだよ!

あとはさくらのスマホゲームが出ますね。
これはいよいよ私もスマホかな、と思っていましたが配信はまだ来年らしいので
もうしばらくは情報待ちですね。

では!


posted by 桐野時 at 19:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | さくら(カードキャプターさくら) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。